« 『おおかみこどもの雨と雪』を読む | トップページ | 雨の通院 »

くもり空

くもり空


夕暮れまでは晴れていた空は

すっかり雲に覆われて

月はもちろん

星の光も見えない

 

どんよりとした雲は

雨の予感を振りまきながら

静かに夜の町を見下ろす

穏やかな春の夜

 

温かな空気が

疲れたボクの心を包み

透明な眠りの世界へと

沈黙の声で誘ってくる

 

このまま

永久の眠りの中に

ひとり落ちていくことが

もしかしたら幸せなのか

 

そんな声の誘惑に

ボクは力なく首を横に振る

 

日々の暮らしは

年々夢を奪っていき

ただ惰性で生きている

そんな風に思える

 

けれど

ちょっとした誰かの微笑みに

希望の光が宿ることがある

それを信じて明日を生きたい

 

|

« 『おおかみこどもの雨と雪』を読む | トップページ | 雨の通院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202908/65270961

この記事へのトラックバック一覧です: くもり空:

« 『おおかみこどもの雨と雪』を読む | トップページ | 雨の通院 »