« 『星野、目をつぶって。』を読む | トップページ | 『おおかみこどもの雨と雪』を読む »

ファンタジームーン

 ファンタジームーン

 

(

)

(

)

庭先の畑に

桜が香り始めたころ

ボクはぼんやりと

夜空を見上げる

 

数か月前の

冷たく尖った空気は

いつの間にか消え去って

星のマタタキも

どこかしらやわらかい

 

こんな夜には

妖精や魔物が

人の目から隠れて

宴会をしているからね

 

小さい頃

おじいちゃんが

そんな話をしてくれたのを

ふと思いだす闇の中

 

今夜は

何となくそれを信じたい

 

西の空で霞んだ月がささやく

現実の狂気に踊っていないで

そろそろこちらにおいで

 

ボクはそっと

左の手首を見つめる

 

|

« 『星野、目をつぶって。』を読む | トップページ | 『おおかみこどもの雨と雪』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202908/65104143

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジームーン:

« 『星野、目をつぶって。』を読む | トップページ | 『おおかみこどもの雨と雪』を読む »