« 『ログ・ホライズン』を読む | トップページ | 『世界「最終」戦争論』を読む »

小雨の一日

小雨の一日

 

昨夜からの雨は

しっとりと町を濡らし

公園の木々の若葉が

瑞々しく輝く

 

腰を下ろそうと

石段を上ったが

外側の長椅子は

降り続く雨にぬれている

 

騒がしかった警察も

ヘリや巡視艇も去り

いつも通りの静けさが

海沿いの町並みに戻ってくる

 

ツバメが低空を飛び

県道を行ったり来たり

雀や鳶や鶯の鳴き声も

あちこちから聞こえる

 

戻ってきた日常の中に

軽自動車や軽トラが行き来し

漁港からは船のエンジン音が

近づいて遠ざかる

 

小雨は降ったりやんだり

それほど強くない風が

堤防沿いの歩道を

絶え間なく吹き抜ける

 

小さな水滴の着いた

眼鏡を手に取って

ハンカチで拭く

桜の若葉が揺れている

 

 

 

|

« 『ログ・ホライズン』を読む | トップページ | 『世界「最終」戦争論』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202908/63707634

この記事へのトラックバック一覧です: 小雨の一日:

« 『ログ・ホライズン』を読む | トップページ | 『世界「最終」戦争論』を読む »