« 『荒野の少年イサム』 《山川惣治/川崎のぼる》を読む | トップページ | こおる »

対話

   対話

 


コトバを交わす

言葉が交差する

ことばが交わる

 


お互いに

コミュニケーションを取ろうとすれば

自然に

相手に耳を傾ける

単に言葉だけでなく

その感情や思いにまでも

 


けれども

相互理解や共感を前提としなければ

それぞれが

言葉を投げ合い

自分の勝手な都合や感情をぶつけあうだけ

それを対話とは言わない

 

自分の思いは分からせたくても

相手の思いや感情は無視する

そんな一方的な言葉が

あちこちで飛び交っている

 


お互いに理解しようと努めれば

外国人とでも対話ができるが

思いを一方的に押し付けるだけでは

家族や親友や恋人の間でも

会話すら成り立たない

 


たとえ

たどたどしい言葉でも

お互いを想い合う対話がしたい

 

|

« 『荒野の少年イサム』 《山川惣治/川崎のぼる》を読む | トップページ | こおる »

コメント

素敵な詩をありがとうございます。
今、頭の中でグルグル悩んでいることを
代弁していただいたみたいです。

投稿: しげまる | 2014年3月19日 (水) 20時57分

おこしやす。
私の日常生活でも、けっこう対話はできてないことがあります。
日本語教室のボランティアをしていたこともあり、外国人の知り合いは多いのですが、お互いがわかり合おうと努力していれば、結構通じることは多いです。逆に、日本人が相手で分かり合えないこともありますね。

投稿: TAC | 2014年3月21日 (金) 23時30分

対話って当たり前のことなんだけど、それが難しいからこそ、言葉にすることが大切なんだよね。

投稿: shiba-i | 2014年3月27日 (木) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202908/59193801

この記事へのトラックバック一覧です: 対話:

« 『荒野の少年イサム』 《山川惣治/川崎のぼる》を読む | トップページ | こおる »